2018年01月01日

新年明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
会社年賀状.jpg

旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
本年も更なるサービスの向上を目指し、技術の研鑽に務めまい進して行きますので、
わらぬ御愛顧の程、よろしくお願いいたします。

posted by かおる at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2017年12月19日

ドローンによるオルソ画像作成と壁面調査

先日、ドローンと、ある手法による正対オルソ撮影を行って来ました。

5.jpg

この現場は去年の引き続きで、1年経過してコンクリート表面の性状変化を調査する為の計測です。

3.jpg

ドローンはM100を始め複数台を使用、そして弊社で考案したドローン以外の撮影手法を用いて、極力等距離から正対して撮影を行いました。

2.jpg

解析結果はレーザースキャナーによる計測データとポリゴン1面1面に対し差分解析を行って、凡そ±10mm以内に収まりましたが、部分的には、、、、、

ここが写真計測の泣き所ですね〜。

オルソ画像としては

4.jpg

1.jpg

非常に満足できる結果でした。

カメラの画角・設定、解像度、撮影スピード、撮影手法、等等等、、、、、

それらの諸条件がピッタリと決まり、解析結果が予想を超えた時、この仕事をしていて良かったと思える瞬間です。

この様な困難な計測業務を頂くと、その攻略方法を考えているとワクワクします。





posted by かおる at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2017年12月05日

四苦八苦した登窯の計測

先日、とある場所にある古い登窯の計測をしてきました。
IMG_3451.JPG

こじんまりとした3連の窯で、外の様な室内の様な、ゴチャゴチャしているけど、気持ち良い不思議な場所でした。

お客様の要望は細かなロストルや炊き口の中までデータをしっかり取って欲しい、しかも色情報も重要だと言う、計測屋泣かせのご注文を頂きました。

IMG_3454.JPG

この窯の炊口がこんな狭い場所で、もうレーザースキャナーを設置するだけで至難の技。
その上色情報までしっかりと撮るのは、、、、、、正直厳しかったです。

2.jpg

合成結果は、、、、、、、上々です。

2-2.jpg

細かなディティールまでしっかりと計測する事が出来ました。
問題だった炊口の中は、、、、、、、、、、、

3.jpg

細かな形状も、色も違和感無く綺麗に撮る事ができ、考えられる創意工夫を全て投入する事ができました。

完全燃焼出来る仕事にはなかなかめぐり合えるものではありませんが、

今回この様なご縁を頂きありがとう御座いました。
最後に、操作している画面をキャプチャーして動画にしてみました。




posted by かおる at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2017年11月03日

PhotoscanとPIX4D

先日ドローンによる空撮と写真計測を行いました。
IMG_3199.JPG

お盆の長雨、そして連続して台風が2つ上陸して、あちらこちらで被害が出ています。
今回のプロジェクトもアクセス道路は崩れており、山の中ではありますが、民家のすぐ横が崩れている場所でした。

高低差が150m程ある谷地形は、対地高度を保つのが非常に難しいロケーションです。

IMG_3198.JPG

現場には3機ドローンを持ち込み、Phantom4Pをメインに、同型機をバックアップに、
Pantom3Pはテスト飛行に利用します。

まず事前に計測エリアを網羅する為の自動航行のルートを設定。
現地で離陸ポイントを決めた後、エリア内の高さを確認する為にPhantom3を飛行させます。
この確認フライトで得た高さを元に、飛行プログラムに高さの情報を入れて、Phantom3にて、カメラを前方に向けて自動航行を実施します。
これは、プログラムが間違っていないか、支障物がルート上に無いか、高さは正しいかをチェックする為のフライトです。

この後、Phantom4Pで自動航行を実施、インターバル撮影で80%60%のラップが取れるよう撮影します。

今回は1画素2センチの解像度で飛行しました。

フライト後、解析ソフトにかけるのですが、毎度の如くPhotoscanとpix4Dの両方のソフトウェアで解析を行います。

解析ソフトポリゴン.jpg

上がPhotoscan、下がPix4Dで作成したポリゴンです。

解析ソフト点群.jpg
これがポリゴンを作成する前の点群データ。

この画像では良く解らないかもしれませんが、建物等の点群、ポリゴン共にディティールの再現性はPix4DよりPhotoscanに軍配が上がります。

写真の位置合わせも、Phtoscanでは、750枚全てがちゃんと配置されましたが、Pix4Dはあるエリアが不整合となってしまいました。

写真計測を行う時、いつも両方のソフトウェアで解析をかけるのですが、ほぼPhotoscanの方が綺麗に出来上がる事が多い様です。

解析するソフトウェアによって、結果が違う事自体、計測としてどうなのか???と言う疑問の念を抱きながら業務を行っていますが、、、、、、

だからこそ、ソフトウェアの癖や向き不向きをしっかり見極め、使用する事が大切になります。

posted by かおる at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2017年08月22日

9月4日に徳島大学で講演を行います。

前回更新してから2ヶ月も経ってしまいましたか、、、、、、、
こりゃまずい、、、、、、、、
決して2ヶ月間、何もしていなかった訳では有りません。
色々と忙しく、北海道から九州まで、また走り回って計測を行っておりました。

9月4日、四国総合通信局主催で、徳島大学において30分程お時間を頂き講演を行う事になりました。

1.jpg

「ドローンの利活用最前線」と題して
ドローンやそれ以外の計測手法を駆使して、インフラや文化財、様々なフィールドで行って来た計測業務の紹介。
その紹介を通して、計測手法の1つとしてのドローンの有用性と精度検証手法等をお話しさせて頂こうと思っております。

講演資料はまだまだ作っておりませんが、場所が場所ですし、お集まりの方々を考えると、かなり踏み込んだお話までさせて頂こうと思っております。
配布資料も事前の電子媒体もお出し出来ませんが、会場にいらっしゃる方だけに、、、、、
posted by かおる at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー