2019年02月01日

FARO SCENEの新しいバージョンは気持ちが良い。

毎年9月〜11月が計測の繁忙期で年が明けると解析業務に追われるはずなのですが、、、、
今年は現場のピークが1末から2月にかけてやって来ました。
今、現場のピークを迎えていると言う事は、納期はどれも年度内なので大変です。
そんな時に、弊社のワークステーションが壊れて解析ができなくなってしまいました。
原因はCPUを冷やす水冷装置
交換しようとネットで値段を見ると、何と10万、、、、、、、、
アマゾンで見ても5万オーバー。
中古ですが程度のよさそうな物がオークションで1万5千円で出ていたので落札しましたが、、、、、、
日曜から出張なので、それまでに交換して、帰って来るまでの5日間、24時間体制で働いてもらいたいので、早く部品が届く事を祈るばかりです。

日曜から昨日までダムの計測の為出張していました。

IMG_0818.JPG

いつも見る静岡からの富士山も綺麗なのですが、山梨側から望む富士山は、天気が良いのも相まって凄く綺麗でした。

今回の業務はUAVによる堤体とその周囲のSfMと図面作成用の為のレーザー計測
IMG_0850.JPG

ドローンを使用して空撮を行い、その後リーグル社のvz1000で全体を計測。
細かな死角になる部分をFocus3Dで補足と言う、非常に贅沢な仕様です。
VZ-1000の計測は非常に早く、3.4分で計測そのものは完了してしまいます。
取得データも非常に綺麗で、LMS Z420iとは比べ物にならない位進化しています。
10.jpg
全20スキャンしたデータはターゲットによって位置合わせを行いますが、これが非常に精度が良く、ターゲットの認識もより正確になったと言う事なのでしょう。
ただ、1つ難点を言えば、ターゲットスキャンが長くて、ここが改善されれば、Focus3Dより1日の計測回数ははかどると思います。

1.jpg

Focus3Dは死角の補備計測で使用しましたが、今回非常に良いデータが取得出来ました。
精度は±2mmなのですが、データが荒れていてノイズも多く、Faro Sceneでは合成がうまく行かない事が多かったのですが、先日sene2019にバージョンアップして、データのノイズも少なくなり、形状合成も非常に良好に行なえる様になりました。

2.jpg

写真計測のソフトウェアも先日PhotoscanからMetashapeと名前が変わり、処理が早くなり、
Faro Sceneもバージョンが上がり、処理速度、データのノイズも少なくなり、、、

解析もどんどんやりやすくなって来るのは非常に喜ばしい事です。

が、

計測が早くなり、綺麗なデータが沢山取得出来る様になれば、解析時に振り回すデータ量もどんどん増え。
よりハイスペックなワークステーションが必要になって来ます。

弊社はそれが仕事なので致し方がないのですが、この膨大な処理されたデータをお客様に納品しても
お客様の環境では見て頂けないと言うのが残念でなりません。

posted by かおる at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2018年12月30日

本年も御愛顧ありがとう御座いました。

いよいよ平成最後の年末を迎えます。
2018年、本年も変わらぬ御愛顧ありがとう御座いました。
今年も北海道から熊本まで、日本全国でお仕事をさせて頂きました。

例年、12月で計測は一段落して、1月〜3月は、解析と報告書の作成の為事務所に篭る毎日が続くのですが、今年は1〜3月も計測のお話しを頂戴しており、例年に無く忙しく年度末ギリギリまで計測機器を背負って、日本中飛び回る事になりそうです。

IMG_7054.JPG

今年、特に印象に残っているフィールドは、天守閣の石垣の計測を数年前に行って、今年、また熊本城の石垣の計測をさせて頂いた事です。
以前見た時は今にも崩れそうだった石垣には、足場が設置され、天守閣は持ち上げられて復興に向かって進んでいるんだと実感しました。

他に印象深かったフィールドと言えば、、、、、、、、、、、、、、、、

IMG_3741.JPG

IMG_4332.JPG

IMG_4677.JPG

IMG_9190.JPG

IMG_9390.JPG

IMG_9470.JPG

ダム?!

ダムの計測は、お客様から求められる計測成果が多種多様で、その分しっかりとした計画と繊細な作業が要求されるので、印象深いです。

今年は、様々な業種の方からもお話を頂き、今まで足を踏み入れる事も出来なかった場所へ、沢山伺う事も出来ました。

1.jpg

協業のお話しも多数頂き、弊社の強みである「3次元レーザースキャナーによる計測」と様々な計測手法、設計、施工等を融合させて、新しい価値や強みを作るネットワークの石杖を構築する事が出来た様に思います。

3次元計測に取り組み20年、写真計測・レーザー計測を地道に行って来ましたが、今年は3次元計測の認知度が飛躍的に上がり、本当に多種多様なお話しを頂くようになりました。

来年はそれらが少しづつ実を結んで、今まで見る事が出来なかった景色、今まで立てなかったフィールドに立てたら良いな〜と、ワクワクしています。

2019年も一所懸命、3次元計測に特化して技術に研鑽に励みますのでよろしくお願い致します。




??年始のご挨拶の様になってしまって、年始に書くこと無くなってしまった、、、、、、




posted by かおる at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2018年10月02日

G空間エキスポ内CSISシンポジウム2018で講演させて頂く事になりました。

毎年開催されているG空間EXPO
今年は11月15.16.17日に日本科学未来館で開催されます。
これは元の測量展で、測量業者やコンサルタント会社、ゼネコン向けの展示会だったので良く足を運んでいたのですが、、、、、、、、、、、、
現在は、測量や地図の成り立ち等を広く一般の方にも知ってもらおうと言う展示会になっていて、開催日も土曜を最終日とする様になりました。

そんな訳でもう10年近く、G空間EXPOには足を運ばなくなってしまったのですが、、、、、、、

この度、ご縁が有って、このG空間EXPOの中のCSISシンポジュームに講演者として登壇する事になりました。

名称未設定 1.jpg

主催団体は東京大学 空間情報科学研究センターで、シンポジュウム名は
「ドローンを活用したフィールドサイエンス最前線」

と言う事で、5名のスピーカーの中の1名として参加させて頂きます。
登壇される方々を見ると
・千葉大のリモセン研究センター教授
・京大の東南アジア地域研究研究所・連携准教授
・東大の生産記述研究所准教授
・大阪市立大の工学研究所准教授
と、、、、、、、、、、

その中で、株式会社 三重計測サービスの私が横山が並んでいるという、、、、、、
お話する内容も皆さん非常にアカデミックで広い視点でもお話になりそうで、、、、、、

一方私はと言うと、ただの地方の計測屋
日々、生きるか死ぬかの瀬戸際で計測業務を受注して細々と暮らしている田舎者。
お話する内容も
「ドローン、レーザースキャナを活用した事例紹介」
と、、、、、、、

業務で実際に行っているお話を淡々と紹介するばかり、、、、、、、、、

当初、土曜日と言う事でお子さん連れの一般の方が多いので、興味を惹く解りやすいお話を

と言う事で構成を組み立てようと思っていたのですが、、、、、、、、、

ここは1つ開き直って!
先生の中に1人計測屋が入っていると言う事で、思いっきり泥臭い現場のお話をさせて頂こうと思います。

研究者や教育する立場の方と、クライアントの要求に見合った成果を確実に期日までに納品する事を使命としている計測屋とでは、スタンスも、見ている物も違うでしょうから、、、、、、

11月17日
お近くに起こしの際は、足をお運びください。


posted by かおる at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2018年08月21日

8月28日〜8月30日、幕張メッセで「建設・測量生産性向上展」で技術説明を行います。

この時期に展示会のブースに立つのは初めてなのですが、、、、、

8月28日〜30日の3日間、幕張メッセで開催される

「建設・測量生産性向上展」において、技術的な説明の為、リーグルジャパンブースで売り子をします。

header_logo01.png

もう10年程、6月にビックサイトで開催されていた「機械要素、IVR展」で売り子をしていたのですが、
訴求効果がイマイチ得られない??と言う事で、もっとニーズに合った展示会でブース展開をしようと言う事となり、今年から「建設・測量生産性向上展」へのエントリーとなりました。

とは言っても、弊社が2機所有しているレーザースキャナーのメーカーであるリーグル社のブースでお手伝いと言う形ですが、、、、、、、

実際に20年程行った計測業務の中から、選りすぐりを持ってブースでご説明させて頂きますので、
ブースに立ち寄られたお客様のニーズに添った事例をご覧い頂けると思います。

コマ番号はG40ですので、お近くにお寄りの際は、是非足をお運び下さい。

ちょんまげヒゲ面のメガネおじさんが、水中、地上、空からの計測を事例を交えてお話しさせて頂きます。




posted by かおる at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー