2020年07月25日

MATRICE600Pro導入、常に安定したドローンの運用をする為に

10月に導入予定のリーグル社のmini VUX-SYS
ドローン搭載型レーザースキャナを搭載する為のドローンがやっと納入されました。
MATRICE600Pro

以前導入したS900やMATRICE100は自分で組み立てなければなりませんでしたが、これは組み立て済
足だけ取り付けたらフライトできる状態で納品されました。



数年前の大型機は色々なものを寄せ集めて飛ばしていたので、色んな所にバッテリーが必要で、機材的にも複雑でしたが今の機体は凄くシステマチックで非常に安定していて見ていて安心していられます。

色んな機能があるとそこが故障の原因になりますので、出来たら機能は絞られていて、操作系は単純であればある程良いですね〜。

機体、プロポと同じ位大事なのがタブレット。

様々な設定や情報の表示は全てこのタブレット頼みです。
自動航行もタブレットが無いと出来ません。

もしタブレットの電源が急に落ちたり、アプリがシャットダウンしたらもう目の前真っ暗。

だからこそ、余計に信頼性が大事になってきます。

シールド.jpg

僕が絶大な信頼をおいて使い続けているのはNVIDIAのSHIELD

もう6年程前の8インチのタブレットだけど、グラフィックボードを作っているNVIDIA製だけあって非常に優れたタブレットです。

タブレットから直接HDMIも取り出せるので、お客様用の大型モニターにそのまま画面を出力する事も可能です。

夏にフライトしていると熱暴走したり急にアプリが落ちたりすると言う話を良く聞きますが、弊社ではこのタブレットを使っていてそう言う現象は殆どおきた事が有りません。

ですので、NVIDIAのSHIELDばかり8台所有しています。

ドローンを安定して運用をするうえで大切なのはタブレットだけではありません。

弊社では、機体1機に対し常に同じタブレットを使用します。
しかも、初めてフライトさせた機体とタブレットは常にセットとして、ファームウェアやOS、アプリのアップグレードは一切行いません。
購入した時に安定しているのであれば、ファームウェアをアップするのはナンセンス。
ファームをアップグレードする事による不具合や不安定な状態を回避する目的と、購入時期によって違う機体やバッテリー側のヴァージョンとタブレットやアプリの相性を大事にしたいからです。

僕がサラリーマンだったころシステム管理者をしていたのですが、OSのアップグレードで様々な不具合が出て安定するまで1週間近く徹夜で復旧した苦いおもいをしているので、、、、、、、

Wi-Fiは基本オフでスタンドアローン状態で運用しています。


業務で使用する機材で一番重要なのは高機能な事よりも高性能な事よりも常に安定して運用できる事。
現場に行ってトラブルが発生して、もしリカバリー出来なければ取り返しの付かない事態になってしまいます。

ですので、現場へ行く時は機材はメインとバックアップを持ってゆきます。
それはドローンだけではなくレーザースキャナも同様です。

フライトや計測する前には動作チェックをしてから車に積み込むのですが、その際、必ず積む場所を荷室と前とに別けて積みます。

これは、現場に行く途中、万が一事故に合った場合、前と荷室、どちらか一方だけでも無事な可能性を上げる為の配慮です。

この様に様々な配慮をして現場に挑んでいるからか、今までドローンを墜落させた事も機材トラブルで計測が出来なかった事も1度も有りません。

以前、現場でお客様に
「技術屋の腕を見るには車の中を見れば解る」
と言われた事があります。
綺麗に道具が積み込んであり、整理整頓されていて、使いやすくまとまっていて、特にケーブルが綺麗な事
そんな車に載っている人ならそれだけで安心して仕事を任せられると、、、、、

その時の言葉はずっと忘れる事が出来ません。








posted by かおる at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2020年07月02日

計測機器オールスターズ

機器オールスター2.jpg

月曜から北海道で空撮を行うため、Phantom4ProV2が2機写っていませんが、今所有している計測機器やドローンの集合写真を撮りました。

実際、このドローンの中で使っているのは数機ですが、ワイドなGOPROの絵が欲しい時もあるかな〜
360度撮影する必要もあるかな〜なんて思っていると、古い機体もなかなか手放せません。

今月中にMATRICE600が来るし、10月にはリーグル社のLiDARが来るので、それが到着したらまた集合写真を撮りたいと思います。

この中にトプコンのノンプリTSが写っていませんが、、、、、、、、
次回は入れてあげないと!

posted by かおる at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2020年05月27日

ドローン搭載型LiDAR導入機種決定

ドローン搭載型LiDAR
UAV LiDAR
ドローン搭載型レーザースキャナー
色々な呼び方がありますが、やっと導入する機種が決まりました。

恐らく日本未導入で弊社の導入が1号機になると思います。

miniVUX-2UAV搭載タイプ miniVUX-SYS

リーグル社製のminiVUX-2UAVと言うスキャナーを搭載したシステムを導入する事に決まりました。

miniVUX2-SYS.jpg

最大の特徴は、今までのminiVUX-1の倍の20万点/秒のスキャン回数です。
これによって、今まで測定点数が少ないと言うminiVUX-1の弱点が解消されました。

導入予定は10月半ばです。

地上型、ドローン搭載型LiDAR、ドローンによる写真計測と、計測手段のバリエーションが増え、
フィールドによって最適な計測をチョイスする事が可能になりました。

具体的には導入したことにより、より広範囲で高精度の計測もカバーする事が出来る様になります。

導入後、お客様へあたらな計測のご提案が出来る事が今から非常に楽しみです。

posted by かおる at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2020年04月28日

ものづくり補助金採択されました〜。ドローン搭載型レーザー導入!!??

実は、第一次ものづくり補助金の締め切りに気がついたのが5日前。
5日間で急いで書類を作成して、見積を取って何とか滑り込みでエントリーしたのですが、、、、、、、、
何とか採択していただいた様です。

LiDAR(ドローン搭載型3次元レーザースキャナ)の導入による新サービス展開

応募者2287社。
採択者1429社。
実に60%が採択されている事になります。

3月末までに電子申請したのですが、、、、、、、
その頃は良かったのですが、、、、、、、
この僅か1ヶ月で、、、、、、、、

実は今悩んでいます。

コロナの影響

ものづくり補助金は最大で1000万円、50%までを補助してくれるのですが、最大の1000万円を補助して頂こうと思うと1000万円は自腹を切らなければなりません。

しかも、ドローン搭載型レーザーは2700万〜3100万円程するので、、、、、、、、、、

この時期、これ程の投資をしても大丈夫なのか?
弊社にそこまでの体力があるのか??
導入しても業務が受注できるのか???
今年、仕事は大丈夫なのか??????????

採択されて嬉しいはずなのに、新しい技術、新しいサービスが展開できるのですが、、、、

考えれば考えるほど、今のマインドではネガティブになってしまいます。

採択内容をよく見ると、何とレーザースキャナやドローン搭載型レーザーで採択されている企業は34社。

私はレーザーによる3次元計測を専業としてかれこれ20年になります。
同業他社がこれだけドローン搭載型レーザー(LiDAR)を含めレーザー計測機器を導入するのに
弊社が導入を躊躇している場合じゃない!!

焦りと言うか、力が沸いて来ます。

本年中にドローン搭載型レーザースキャナ(LiDAR)を導入、現場投入致します。
1.jpg

地上型レーザースキャナ4台、ドローン15機と共に、様々な3次元計測サービスを展開できるよう、技術の研鑽にまい進致しますので、これからもご愛顧よろしくお願い致します。


これからもご愛顧よろしくお願い致します。






posted by かおる at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2020年04月17日

いつも惚れ惚れするHPのワークステーション

毎年この時期になると行う恒例行事。
パソコンの大掃除。
新年度を向かえ、昨年度の業務がひと段落すると、システムディスクのクローンを作って新品と入れ替え。
データディスクもPCから外し新しいものと入れ替え。
1台当たり3台、計6台のHDDやSSDが金庫に貯まって行きます。
そして、使わないだろう古いディスクは貸金庫へ、、、、、、、、
いつ必要とされるか解らないので、データはずっと保管しつづけます。

そして、1年間酷使したワークステーションの大掃除も
1.JPG

毎年言ってかもしれませんが、HPのワークステーションは見る度に惚れ簿れします。
高級車のボンネットの中はカバーで隠れていて綺麗に見えますが、こいつはまさにそれ!

2.JPG

各部分は電源ユニットとディスクユニット、基盤ユニット、クーリングユニットに分かれていて、
それぞれドライバーを使わず分解できる構造。
特にこのクーリングユニットは風の流れが凄く考えられていれ、本当に戦う為のマシンって言うオーラが、、、、
これは部品の寄せ集めのパソコンではなく、しっかりとシステムとして考え抜かれたワークステーションだ
と言う感じがひしひしと伝わってきます。

3.JPG

こちらが基盤部分ですが、数年前にCPUの水冷ユニットの不具合で熱暴走してしまいましたが、それも直して
今は元気に動いています。

メモリは16枚装着できるのですが、OSが192Gまでしか認識しないので4スロット空いています。
ここまで来ると全てのスロットにメモリを埋めたくなるのは僕だけでしょうか???

それにしてもホコリで汚い、、、、、、
ファンが回らない様にしてブロアで吹き飛ばしてやります。

4.JPG

こちらはHPより更に古いPCですが、、、、、、、、、
そろそろ引退させてやりたいのですが、不具合が出ていないのでグラフィックボードなどを新しくしながら
ぎなぎな使っています。

この時期、弊社は凄く暇なので、普段は機器のメンテや営業活動をする時期なのですが、、、、、、
今年はコロナウィルスの影響で営業にも行けず、展示会にも行けず、、、、、

今期の業務の受注が例年通りできるのか心配です。

既に5月の半ばに予定している北海道での計測はGOは出ているものの、状況次第では延期、今期見合わせの可能性が、、、、、


弊社の業務は、全国の山や川等、人が居ない所でのフィールドワークが主なので、人ごみに行く事は殆どありません。
IMG_7337.JPG

しかも、移動事務所としてキャンピングカーを使っているので、いつでも何処でも寝泊り仕事ができるノマドワーク環境が整っているので、被災地や今回の様な非常事態には強い体制は整えているのですが、、、、、

IMG_6118.JPG

人の移動が制限されてしまうと厳しいです、、、、、

早く平常に戻り、思いっきりスキャナー背負って何処までも行きたいです!

今、外出自粛、県外移動自粛と言われていますが、家に閉じこもる、何処にも行けないと言うネガディブな意識ではなく、家族と一緒にいる時間が増える、近所の良い場所、自分の住んでいる環境に目を向けてみると言う、ポジティブな考えかたをして、この状況下、気を楽に乗り越えて行きましょう。

明けない夜は無い!
posted by かおる at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー