2018年07月28日

熊本城の石垣計測

1.jpg

熊本城の石垣の計測をしてはや1年10ヶ月。

2.jpg

計測を行っている最中にも地震が有り、瓦がパラパラ落ちてきました。

あれから1年10ヶ月して、また熊本城の石垣、今度は二の丸付近の計測をしています。

3.jpg

計測初日が無事終わり、ホテルに帰りテレビをつけると、

「天守閣の石垣の積み直し1石目が始まりました。」

と言うローカルニュースが流れていました。
1日20個で積み直しに20年掛かるらしい。

そんな積み直しに先駆けた計測をしに来ている事に、感慨一塩
微力ながら復興のお役に立てているんだな〜と、技術屋冥利につきる想いでした。

IMG_7096.JPG

今回も、メインは3次元レーザースキャナによる計測ですが、ドローンによる写真計測も併用します。

ドローンによる空撮と写真計測は、オルソ画像を作成するには最高のツールですが、3次元形状の再現性としては、どうして限界があります。

そこで、3次元モデルは±2mmの精度の3次元レーザースキャナで
オルソ画像用にはドローンと写真計測でと使い分け、時にはお互いを補いながらハイブリッドで解析てゆきます。

posted by かおる at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2018年07月10日

VZ-1000導入完了 4台のレーザースキャナ

4.jpg
4.5年前からずっと夢見ていたレーザースキャナ
リーグル社のVZ1000をいよいよと言うか、やっと導入する事ができました。
これもリーグル様、守谷商会様、そしてお客様からのご愛顧の賜物です。

3.jpg

・1400m計測可能
・傾斜計(本体内蔵)及びレーザー下げ振り内蔵
・アンテナ付きL1GPS受信機(本体内蔵)
・内部のSSDデータ保存可能
・1秒間に最高122,000点測定可能
・測定精度8mm、確度5mm
・垂直測定可能範囲100°(+60°/-40°)水平360°
・角度ステップ幅0.0024°
・傾斜計、GPS、電子コンパス内臓
・重量9.8kg

と、今まで活躍してくれたLMS Z420iと比べると遥かに高性能。
何よりもコンパクトで重量が約半分なので、崩壊地等で背負っての移動が楽になります。

1.jpg

これで弊社の所有しているレーザースキャナは4機
左から
FARO X330
リーグル LMS Z420i
リーグル VZ1000
FARO S120

4機並んだ光景を見ると身が引き締まる思いがします。
測定精度±2mmと言う高精度なスキャナー2機と測定可能距離1000m超えの長距離用2機と言う4機体制になりました。

2.jpg

この様な分不相応とも思われる計測機器も、お客様からのご要望を叶えたい一心での導入
設備に伴うよう、技術の研鑽にも励んでまいりました。

今後もより一層のサービス向上を目指し、誠心誠意努める覚悟でございますので
今後とも御支援のほどよろしくお願い申し上げます。


なお、一番右のFARO S120は現在レンタルも承っておりますので、機械が足りない、修理やメンテナンスの間に数日借りたい、導入前に一度使ってみて判断したい等、ご要望が御座いましたらお問い合わせ下さい。

よろしくお願い致します。





posted by かおる at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2018年07月09日

新しくドローンを導入したものの、、、、現場で使い物にならない、、、、、

各地で豪雨によって多大なる被害が出ており、お亡くなりになられた方が80名以上、行方不明の方も多数いらっしゃる様で、その安否が気がかりです。

特に中国、四国、中部では甚大な被害で、行った事のあるあの景色が一変した映像をテレビで見て、妻は声にならない声を上げ
「現実とは思えない、、、、、」
と言っておりました。
私も同じ気持ちなのですが、、、、、

地震や津波、大雨による被害、、、、、、、、
私達はテレビやスクリーンを通して、沢山の刺激的な映像に常にさらされています。
その中には、よりリアリティーを持たせる為に実在する町を忠実に再現したジオラマだったり、CGだったり、現実かと錯覚をする様な映像も沢山見ています。

実際に起こったこの様な災害も、テレビを通して見ていると、何処か現実味の無い映像に思えてしまっている自分が居ました。

あの日までは、、、、、、、

2011年3月11日の東日本大震災

その際も、同じ様な若干冷めた目で見ていたのですが、被災直後、仕事で現地に伺う事ができ、その悲惨さを肌で感じる事ができました。

あの匂い。

既に復興に向けて動き始めていたのですが、土煙と何かが腐った匂いの充満した何もない、広大なヘドロの平地。
あの光景は忘れる事が出来ません。

そして、その後も崩壊地等の現況計測に伺うと、やはり同じ匂いが、、、、、、、、、、、、

今回の災害の映像を見ていると、あの日のむせ返る様な腐敗臭を吸い込んだ感じがよみがえって来ます。

今後、被災された方々の救助、支援がひと段落すると、現況の把握、復旧と進んで行きます。
私がお手伝いできるのは、復旧支援ですので、今は緊急でお声が掛かってもすぐに動ける様に準備をする事しか出来ませんが、お役に立てるのであれば全力で取り組みたいと思っています。

弊社には写真計測用のドローンが8機所有しています。
現場投入の為、バックアップを含めて大体2機づつ導入し、1.2年で買い替えるのでドンドン増えてしまいます。
使わなくなったバックアップ機等は、最寄の山岳救助隊や警察に寄付しているのですが、それでも現場投入の可能性が少しでもある機体は残しておきます。

現在使用しているPhantom4Pは導入後1年経過しており、相当飛行回数を重ねているので、先日また1台導入しました。

Phantom4Pv2
機体はほぼ同じなのですが、プロペラの形状が少し変わり、飛行した際の音が若干小さくなりました。
1.jpg

現場投入前に様々なフライトチェックを行うのですが、、、、、、、、、
最後に実践を模したオートパイロット(自動運転)でのフライトをいつもテストを行っているフィールドで行おうとした所、、、、

モニターに映像が出ない、、、、、、、、、、、

他のテストはokだったのですが、オートパイロットのプログラムを組んだアプリでだけ画面が出ない、、、、

どうもオートパイロット用のアプリがPhantom4Pv2には対応していない様で、これでは現場で使い物になりません、、、、、、、、、、、、、、

1日も早くアプリ側でPhantom4Pv2への対応を願います。

2.jpg
と言う事で、近くの電気屋さんでPhantom4Pを買いに、、、、、、、、
何処でもドローンが手に入る、良い時代になりました。

同じ様な機体ばかり8機に増えてしまいましたが、超広角カメラ用、360度カメラ用、360度プロペラガード有り等、年に数回使う事があるので破棄する事も出来ずいつでも動かせる状態でスタンバイしています。

posted by かおる at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー