2017年04月24日

サーモグラフィによる害獣生態調査

今までやらなきゃやらなきゃと思いながら、寒くてついつい億劫になっていた害獣生態調査のデモフライト
大きな公園でテストです。
イノシシを探していましたが、見つけられたのはそれより更に小さなタヌキでした。

ドローンにサーモカメラを取り付け撮影する事で、害獣の生息状況や行動パターンが把握できます。
獣道の特定をして、そこに罠を仕掛ける事で、効率的に害獣の駆除を行う事が出来ます。



posted by かおる at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2017年04月18日

たまには動画空撮でも、、、、、、

いつも写真計測用のスティル撮影ばかりしている空撮。

先日導入した新しいドローン
実践投入する前に、飛びと画質のチェックをする為に撮影して来ました。

素晴らしいロケーションと素晴らしい天気に恵まれました。







posted by かおる at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2017年04月14日

年に1度のHDD入れ替え。ワークステーションとパーソナルコンピューターの違い

毎年この時期は超暇です。
お盆から完全休みは数日しか取れなかったので、その分この時期にノンビリしたいのですが、、、、、、
性分的にそう言う訳にもいかず、毎日、新しい技術の導入・習得・検証に時間を割いています。

そんな中でのこの時期毎年行っている事。
業務で使っているコンピューターのハードディスクの入れ替えと掃除、部品の交換です。

弊社には、業務で使用しているコンピューターが6台あります。
その内3台はロングレンジ3DスキャナーLMS Z420iのデータ集積及び操作用のノートです。
IMG_0062.JPG
全く同じ物が3台有りますが、、、、、、、、、、
と言うか、3台が2セットで6台なのですが、、、、、、、、

万が一現場でノートPCが壊れた時の事を考えて2台、それとそのまた予備に1台所有しています。
まるで、使う用、人に見せる用、保存用に写真集を購入するマニアの様ですが、、、、、、、、、、、、
僕はマニアックな計測屋ではあるかもしれませんが収集癖が有る訳ではありません。(と思います)

それ以外に、起業当初購入したハイパワーなパーソナルコンピューター。
プレゼンや出張用に計測データが動く様に購入した、かなりハイパワーなノートパソコン。
それとヒューレットパッカードのワークステーションです。

弊社のコンピューターは、OSやアプリケーションの入っているシステムディスクと計測・解析データが入っているデータディスクとを物理的に分けていて、OS、アプリケーション用システムディスクはSSD、データディスクはHDDと使い分けています。
そんなデータディスクも、1年間業務を行っていると数テラ分のデータが蓄積されます。
この時期、一旦業務が全て完了して仕事が途切れるので、毎年データディスクを取り外して保管し、新しいディスクと入れ替えています。
IMG_0064.JPG
取り外したデータディスクは、防湿庫(ドライボックス)で保管し、湿度は常に35%にコントロールされています。
2時期の差分解析等、過去データが必要な時にはここから取り出して使用しますが、5年以上前のデータは外部のデータ保管サービスによって保管してもらっています。

と言う事で、データディスクを交換したのですが、1年間、稼動し続けたコンピューターはホコリまみれで凄い事になっているので、綺麗に掃除をしてファン等の稼動部はベアリングの劣化等が見られたら交換。
グラフィックカード等、頃合を見て新しい、より速い物に入れ替えます。

ここで、今までコンピューター、PC、ワークステーションと、呼称を使い分けていたのにお気づきの方はいらっしゃったでしょうか?
毎年3台のコンピューターのデータディスク入れ替えをして掃除していると、パソコンとワークステーションの違いを再確認させられるから、あえてパソコンとワークステーションと言う使い分けをしたくなるんです。

IMG_0061.JPG

これが弊社のヒューレットパッカードのワークステーション。
MADE IN TOKYOの文字が品質への自信を物語っています。

パソコンもワークステーションも出来る事はほぼ一緒なのですが能力と信頼性が大きく違います。
それを分解すると実感する事が出来ます。

IMG_0056.JPG
まず、側面を開けると、通常は中身が見えるはずですが、このワークステーションはカバーが掛かっていて中身が見えません。
まるで高級車のエンジンルームの様です。
これは各部位に分かれていて、ただの目隠しでは無くユニットとして組み込まれています。

IMG_0060.JPG
電源ユニットを引き出すと、1200Wの電源が連続稼動にも耐えられるだけの冷却が考慮されています。
これだけでも普通のパソコンとは全然違います。

IMG_0059.JPG
次に冷却ファンユニットを開けると、その作りこみにただただ驚くばかりです。
ファンは8個で構成され、効率よく各部位を冷却する事が出来るよう設計されています。
こんな手の込んだ冷却ユニットを持ったパソコンはまず有りません。

IMG_0057.JPG
そして基盤部
CPUはワークステーション用のXeonが水冷式で2基搭載され、8コア16スレッドでHT32スレッド、それが2基搭載されています。
冷却ユニットは、このラジエータに効率よく風を送る様になっているんです。

メモリーはECC(エラーを検出した解消する仕組み)192Gのメモリを積んでいます。
グラフィックカードはNVIDIA Quadro K6000

と、汎用のパソコンが通常CPUが1つで16G程のメモリーしか搭載していないのに対し、このワークステーションはCPUは2個、メモリーは12倍の192G、しかも、積んでいる物も汎用のパソコンでは無い、ワークステーション用の機能の優れた物を積んでいるのです。

これによって、通常3日程掛かる解析処理が半日で終える事ができたり、解析途中でエラーになって止まってしまう事も無くなり、常に処理を完遂する事が可能となります。

その分高額なのですが、業務で使用するコンピューターとしては必要不可欠なので仕方が有りません。

ただ、このワークステーションを稼動させていると、冬でも暖房が必要無いくらい熱を放出します。
逆に言うと、夏場はエアコンが効かない位暑い、、、、、
しかもうるさい、、、、、、、、
しかもしかもドライヤーを常に掛け続けて居る様なものなので電気代が凄い!!

この辺りは一般家庭用では無いので諦めるしか有りません、、、、、、、

これを毎年見ると、ただ大きくて重いだけではないワークステーションの凄みを感じてしまいます。

去年は、24時間30日間稼動しっぱなしなんて事が有りましたが、今年も頑張ってもらいます。

posted by かおる at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー

2017年04月05日

過酷な時期を過ぎ、新年度〜〜〜〜。思いっきり羽を伸ばさせて頂きますと思いきや、、、、

前回更新したのがドローンを四日市警察に寄贈した記事、、、、、、、、、、
1ヶ月半以上更新が滞っていました。
ご他聞に漏れず弊社も年度末は必死に、そう、まさに死ぬほど働いておりまして、、、、、、、、、
気がつけば4月。
年度末と年度頭は地獄と天国程の差が有り、現在は天国を味わっております。

去年、国から補助金を頂きまして、技術的な問題解決の為の様々な設備を導入させて頂きましたが、
正直、忙しさにかまけて全てが実証、活用できている訳では無いので、この比較的時間に余裕がある内に、それらのフィールドテストを行いたいと思って動いています。

2.jpg

一番の課題はダムや橋梁等の近接オルソ撮影
安全に撮影する為、超音波センサーとステレオカメラによる衝突防止機能の癖や条件を明確に把握する事。
と言う事で、久々にドローンを飛ばしております。

1.jpg

他には、サーモカメラで何が出来るのか。
今までは吹き着け法面の裏面空洞や湧水調査、ビルのタイルの浮き状況調査等だけでしたが、、、、
コンクリートの剥離や張ブロックの安定。
海や湖の水温調査、獣害調査等にも使えないかと思いをめぐらせています。

また、マルチスペクトルカメラも導入していますので、これで法面の性状可視化ができないかと、、、、、

やりたい事は色々あるのですが、、、、、、、、、、

昨日から、急に見積依頼や業務の依頼を頂き、メールの処理、見積、業務計画書の作成等、実務が忙しくなってしまいました。

早い業務の依頼は非常に嬉しく、毎年この時期は羽を伸ばせる半面、本年度の見通しが立たずビクビクしているのも事実。

今年度もまた忙しく日本中を飛び回らせて頂く事ができそうです。







posted by かおる at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 3Dスキャナー